捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会

捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会の公式ブログです。
ここではパネル展のお知らせや、有志の会メンバーからの報告などをUPしていきますので、よろしくお願い致します。

検証 慰安婦パネル展 in 練馬文化センター開催レポート
1
JUGEMテーマ:日本の文化

10月18・19日の2日間にわたり開催されました、
 “検証『従軍』慰安婦パネル展” in 練馬文化センター
おかげさまで294名もの方にご来場いただくことができました。


ちょうど同じ日に同施設でアニメフェスティバルというイベントが開催されていたこともあり、
一般の今までこの問題に触れたことのない方が多く来場されました。



開催中特に印象的だったエピソードとしては
宣伝のため看板を持って近くを歩いているとき

小学生の子供が
「アメリカ軍は日本に原爆を落としたから
 日本のことを悪くいってるんだよね。」
「日本が悪くないと困るんだよね。」
といったことを自然に話しかけてくれたことで

驚いたのと同時に、
少しずつ社会の雰囲気も変わってきているのだなと
改めて肌で感じることができたように思います。


今回の開催を機に地元の方や新しくパネル展を手伝うために
お声掛けくださった方もおり、
お越し下さった皆様に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
誠に有り難うございます。

 
| 福留 洋志 | 展示会レポート | 06:50 | comments(1) | - | - |
生き証人プロジェクト 講演動画の紹介
0
    第26回 慰安婦問題パネル展と講演会 主催:英霊の名誉を守り顕彰する会
    (平成26年7月27日 豊島区立勤労福祉会館)において開催された
    「“生き証人プロジェクト”の紹介と体験談」の動画がアップされましたので紹介致します。



    慰安婦問題パネル展 生き証人プロジェクトの紹介 高木美歩さん 2014.7... 投稿者 iidak875031


    慰安婦問題パネル展 生き証人プロジェクト 小関文彦 元陸軍主計(92歳... 投稿者 iidak875031


    慰安婦問題パネル展 生き証人プロジェクト 小関文彦 元陸軍主計... 投稿者 iidak875031

    生き証人プロジェクト
    教科書に載っている歴史、それだけが全てなのでしょうか?
    激動の時代を生きた父祖たち。
    当時、若かりし彼らが何を考え、何を思って戦場へ行ったのか、そしてどう戦ったのか。
    彼らが命を懸けて護りたかったものは何だったのか。
    自虐史観が蔓延した戦後の言論空間の中で、掬い上げられることのなかった
    父祖達の「生きた言葉」を聴きたい。その思いから生まれたのが「生き証人プロジェクト」です。

    生き証人プロジェクト URL
    | 捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会 | 展示会レポート | 22:21 | comments(0) | - | - |
    慰安婦パネル展 来場者からお聞きした話
    0
      3月23日 海老名会場に来場された女性。
      シナから日本へ帰化。
      上海の高所得層上流階級の家に生まれ、26年前に日本に留学。
      日本語学校2年、大学、大学院を経て31歳で日本人男性と結婚、
      中学生と大学生になる娘二人の母、現在50歳。

      河野談話撤廃署名コーナーに座って、一気に溢れるように語って頂きました。
      ーーーーーーーー

      海老名市内在住でチラシが入ったので「必ず行こう!」と思って展示会に来ました。
      日本人は自分の国を悪いとするのが、私には信じられない、なぜ?
      私は中国(China)に居た時も、日本に来てからも、
      尖閣諸島や南京大虐殺、慰安婦も聞いた事が無かった。
      尖閣が領土問題で騒ぎになってから、下関条約の時代を日本語の本やネットで勉強して、
      そこから多くを知った。
      慰安婦のパネル内容は2/3知っていた。知らなかった事は主に日本の中の事情。

      私は、中国共産党の中枢部の建物が家の目の前だったので、実に多くの事を見て来た。
      中国共産党中枢部の建物には共産党の色々なグループが来ては、
      お前は間違っている、我々が正しい、と次々に殺し合って沢山の人が死んだ(粛正)
      文化大革命の時、私はまだ子供だった。
      その建物から多くの人が飛び降り自殺したのを見た。

      最初に人の自殺を見たのは6歳でした。
      死の意味がわからなくて混乱しました(頭部が割れ全部の穴から血が吹き出たのを見た)

      親は中共に逆らわずに普通に暮らしていたが、中国(China)では本当の事を言うと叱られる。
      ウソを言うように教育することは中国(China)の親にとって重要で、私はよく親に叱られた。
      本当の事を言ったら中国(China)では生きて行けない。

      毎日サバイバルなので、お金が全てで、親子でもお金がないとつき合い出来ないし排除、足蹴にされる。
      昔に比べてその傾向は激しくなっているようだ。

      今の上海は嫌い。ビルが立って空の面積が減った。
      学校では、私は居るか居ないかわからないおとなしい子供だった。
      “本当の事を言うと酷い目に遭う” と学んでからは、ずっと。
      試験の成績で、私の名前はみんなに初めて記憶された(成績が良かったからだろう)
      母も叔母も祖母も、鮮人は嘘つきで卑しく酷かったと言っていた。

      中国共産党は全部ウソを押し付ける。
      本当の事を言った試しは無い。それがわかって愕然とした。
      私は生まれた国は選べなかったが、血(遺伝的な)は入れ替えられないが、
      日本人になった(結婚で帰化)
      民族の記憶は私には無いので日本人として日本を学び続けている。

      最後に……
      Q. 中国(China)は今のあなたにとってどんな存在ですか?
      A. 生まれた場所だというだけ。日本で結婚してからは切り離しています。
      Q. 幸せですか?
      A.はい、幸せです。でも娘達の将来は不安。
      侍の精神(武士道精神)で、日本人はぎゃあぎゃあ主張しない。だからつけ込まれている。
      今、海外で起きているのは(海外ロビーのこと)酷い。 日本人の侍精神は素晴らしいのに。


      ーーーーーーーー
      以上、遅くなりましたが、来場者からお聞きした話を掲載させて頂きました。
      | 捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会 | 展示会レポート | 06:43 | comments(0) | - | - |
      3月29日30日 福井開催レポート
      0

        福井駅東口すぐ前という好立地にオープンスペースということもあり
        予想以上に多くの人が来場され好評をいただきました。
        地元新聞2紙にも掲載され、ブログなどにも取り上げていただき
        また、ヤフーニュースや、2ちゃんねるにもスレッドが立つなど、
        地方開催としては上々の成果だったと思います。
        河野談話に関する3つの署名にも多くのご協力をいただきありがとうございました。




         
        | 捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会 | 展示会レポート | 00:31 | comments(0) | - | - |
        1月26日 従軍慰安婦の真実パネル展IN金沢 レポート
        1

        1月26日、石川県金沢市、勤労者プラザ102号室、103号室において
        午前9時半〜午後3時半まで、慰安婦問題パネル展を開催いたしました。
        真冬の開催となりましたが、今年は雪も少なく、
        当日は積雪もなく交通機関の乱れもなく
        無事に予定通りの開催となりました。



        アンケートの感想では 
        もっとあちこちで開催して欲しい。開催するべきという声がとても多かったです。
        今の日本では、国民が知らない歴史、事実が多すぎると思う。
        パネルを見て初めて知った事実がいかに多いか・・

        小さい102号室は動画試聴室として活用


        チラシ、小冊子、アンケートのコーナー、そして河野談話撤廃署名受付など

        来場者数は52名、河野談話撤廃署名は24筆いただくことができました。
        初めての開催ということもあり、反省点は多々あります。
        今回広い部屋が空いておらず、小さめの2部屋を使っての開催でしたが
        次回はもう少し大きな部屋を借りて開催したいと思っております。
        また今回、捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会の皆様、
        敷島の風様、桔梗プロジェクト様
        北陸では、教育を考える石川県民の会様、日本会議石川様、
        そして3月29、30日に開催が決まっている
        頑張れ日本!全国行動委員会福井県支部様より
        多大なるご支援、ご協力をいただき、無事開催することができましたこと
        厚く御礼申し上げます。

        北陸3県有志の会一同
        JUGEMテーマ:日本の文化
         

         
        | 捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会 | 展示会レポート | 00:31 | comments(0) | - | - |
        全国慰安婦問題パネル展レポート(諫早市)
        2
        JUGEMテーマ:日本の文化

        11月23〜24日に諫早市で開催されました『従軍慰安婦の真実』展の現場レポートが到着しました。


        2日間で約130名の方がご来場され、多くの方にじっくりと時間を掛けて御覧頂きました。
        高教組に所属の高校教師から1時間に渡り質問攻めを受けましたが、
        最後は「勉強になりました」とご挨拶頂きました。

        しかし、芳名は約25名分と低調。
        これは会場のスペース上、受付を最後にしたため多くの方がそのまま帰られたからでした。
        次回からは入り口近くに設置出来るよう工夫していきます。



        会場で行っていたアンケートには好意的なものが多く、
        佐賀でもやって下さいとリクエストを頂きました。

        (以上、諫早市『従軍慰安婦の真実』展 主催者からのレポートでした)




        それともうひとつ、慰安婦問題関連の話題
        テキサス親父日本事務局から最新動画を紹介します。
        | 捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会 | 展示会レポート | 23:57 | comments(0) | - | - |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        + CATEGORIES
        + ご支援のお願い
        ■「捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会」は、一般の社会人や主婦などの個人会員によって構成され、営利を目的としない市民サークルです。

        展示会のパネル制作費、会場使用料、講演依頼、広報などの活動資金は、全て来場者の皆様と会員の寄付でまかなわれており、会員やその友人などの奉仕によって運営しています。しかし、私たちの小さな団体だけではどうしても限界があります。

        民間の力で自虐的な歴史観を払拭し、日本人が正しい歴史・文化を知る展示会やイベントの開催を全国に広げていくために、広く皆様からの寄付をお願い申し上げます。

        捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会 一同

        ■振込口座
        【金融機関】ゆうちょ銀行
        【記号】 10550番号 17976461
        【口座名義】捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会


        ※但しこの口座を他金融機関からの振込の受け取口座として 利用される際は次の内容をご指定ください。
        【店名】〇五八(読み ゼロゴハチ)
        【店番】058
        【預金種目】普通預金
        【口座番号】1797646

        + RECOMMEND
        + RECENT COMMENTS
        + ARCHIVES
        + LINKS
        + MOBILE
        qrcode
        + SELECTED ENTRIES
        + PROFILE